LATEST EPISODE

Episode.5-A 「Bring the noise 〜 社会の敵 〜」

「そんなのどっちでもいいじゃない!」

 その一言が、愛する人との破局のきっかけだった。

 彼は、ダイバーネームをヤマタツといった。ガンプラを愛し、GBNを愛し、そして彼女とは数日ののちに結ばれる約束だった。しかしそんな彼女を、彼は一度もGBNに誘おうとはしなかった。なぜならヤマタツにとってGBNは、少年が宝物を抱き籠もる秘密基地のような、誰にも侵されたくない特別な領域だったからだ。

 彼女にはそのことがたまらなく寂しかった。

 星が綺麗な夜だった。

 二人は週に一度行きつけにしているレストランで夕食を楽しんだ。顔なじみのシェフの腕が相変わらず見事だった一方で、彼女の様子がなにやらいつもと違っている。はにかんでいるようで、恥ずかしそうで、どこか悪戯げで。

「どうかしたの?」

 ヤマタツはたずねた。

 しばらく躊躇する間があったのち、彼女は思い切ってバッグからそれを取り出すと、掲げて見せた。......

STAFF

メカニックデザイン:NAOKI、石垣純哉
ゲストメカニックモデリング:ヤマタツ、六笠勝弘、シュン、ヨシ、ロク、横田ユースケ、下田重工業
キャラクターデザイン:小池智史
シナリオ:野村祐一
制作協力:㈱BANDAI SPIRITS 馬場俊明

PDF形式のファイルをご覧になるには、アドビシステムズ社のAdobe Readerが必要です。Adobe Readerのダウンロード